白斑 脱毛

白斑でも脱毛できますか?肌に少しだけ白斑がある場合

白斑は皮膚の一部だけ白く抜け落ちる原因不明の皮膚病の一種です。

広範囲に渡って大量に白斑がある場合は、エステサロンで脱毛はしてもらえません。皮膚に刺激を与える事で白斑症状がすすむ事もあり、リスクが大きいからです。

白斑でも脱毛できますか?肌に少しだけ白斑がある場合


ただ脚に3、4個程度の小さな白斑がある場合などは、白い保護シール等で白斑部分を隠して脱毛してくれる場合もあります。

これは脱毛エステやサロンごとの店長の判断によるものなので、確実に白斑でも脱毛をしてもらえるエステ、と紹介する事は出来ません。

実際にカウンセリングで肌を見てもらって判断してもらう事が必要があります。(電話相談の場合、安全を見て断ってくるエステサロンがほとんどです。)

リスクを考慮に入れて脱毛エステサロンに相談を

白斑の多くは、体力低下や免疫力の低下が原因で起こります。ステロイドの使用により白斑が起こる事もありますが、これはステロイド自体に免疫抑制の作用がある為です。

また、白斑と似た症状の「老人性白斑」になっている人も多く、早い人で20代から、数ミリの白い白斑が身体に出来ている人もいます。こちらも免疫力の低下が原因と言われています。

長年カミソリなどで自己処理を続けてきた人の肌は、バリア機能が低下し免疫力が落ちている事も多く、もしかしたらそれが原因で白斑が起こっている可能性もあります。

エステでの脱毛は長い目で見れば、将来的にほとんど自己処理をする必要がなくなるのでお肌の為には良いと言われています。 ただ、光脱毛の後は一時的に免疫力が落ちるので、白斑のある肌の場合、増えたりするなどのリスクも生じます。

白斑があってもどうしても脱毛したい場合は、リスクを考慮に入れてサロンで確認をしてくださいね。

1回1,000円以下など!安いキャンペーン脱毛を厳選しました >>

ランキング
S